2014年05月22日

初めてのcocos2d-x

初めてのcocos2dを書いた後、Androidでどうやって書き出すのかを調べていたら、あれはcocos2d-iphoneというツールでAndroidへの書き出しはできないらしい。Androidに書き出しができるのはcocos2d-xというツール。

早速使ってみようとダウンロード。最新は3だが最近出たばかりでネットなどにあまり情報がないのでcocos2d-x-2.2.3をダウンロードそして解凍。ターミナルで以下のコマンドでプロジェクトの作成を行います。

cd ~/cocos2d-x-2.2.3/tools/project-creator/
./create_project.py -project testProject -package net.hoge.test -language cpp


最後のcppはC++。JavaScriptなんかでも開発できるようだけども人まずはリソースの多いC++でやってみます。ちなみにpackage名に-(ハイフン)を入れるとAndroidで起動できません。そこでかなりハマった。

まずは、iPhoneの動作確認。

/cocos2d-x-2.2.3/projects/testProject/proj.ios/testProject2.xcodeproj

をクリックしてXCode立ち上げてビルドすれば簡単に起動できた。

次にAndroid、結構厄介でした。

Eclipceをインストールして設定。以下のページを参考にすればできます。

Andoridでcocos2dxを動かすためにEclipseなどの動作環境を設定する。 | albatrus.com

設定できたら以下のプロジェクトを読み込みRunします。

/cocos2d-x-2.2.3/projects/testProject/proj.android/

AVDでuse Host GPUにチェックを入れておかないとダメなので注意が必要。設定を変更したら「emulator64-arm が予期しない理由で終了しました」とかエラーがでたので

cd /Users/username/.android/avd
m -r hogehoge.avd
rm hogehoge.ini


としてAVDの設定を削除して作りなおしました。

これでAndroidでも実行できた。
posted by ねこまんま at 02:03
Comment(0) | TrackBack(0) | cocos2d

2014年05月07日

初めてのcocos2d

初めてcocos2dを触ってみた。走り書きなので参考にならないと思うけど一応メモ

ダウンロードページよりCocos2D installer 3.0.0をダウンロードして解凍「Cocos2D Installer 3.0.0.app」があるのでそれを実行してインストール。

XCodeを立ち上げ「new project」から新規プロジェクトを作成しようとすると左カラムにcocos2d v3.xというテンプレートがあるのでそれを選択。「cocos2d iOS」と 「cocos2d iOS Newton」のアイコンがあるのでまずは「cocos2d iOS」を選択。

プロジェクトができあ上がったらとりあえず runをクリック Hello Worldのアプリが立ち上がる。

Hello Worldの文字列を変更



Hello Worldアプリを変更しながら、cocos2dの感覚を掴んでいく。

まずは、Hello Worldの文字列を変更してみよう。

Classes/IntroScene.mを開き以下の文字列を変更

CCLabelTTF *label = [CCLabelTTF labelWithString:@"Hello World2" fontName:@"Chalkduster" fontSize:36.0f];


CCLabelTTF *label = [CCLabelTTF labelWithString:@"Cococs World" fontName:@"American Typewriter" fontSize:20.0f];


文字や文字色やフォントサイズなんかが変更できました。

次のコードを

[[CCDirector sharedDirector] replaceScene:[HelloWorldScene scene]
withTransition:[CCTransition transitionPushWithDirection:CCTransitionDirectionLeft duration:1.0f]];


以下のように変更すると(CCTransitionDirectionLeft→CCTransitionDirectionUp)、画面遷移時にディレクションを指定することができます

[[CCDirector sharedDirector] replaceScene:[HelloWorldScene scene]
withTransition:[CCTransition transitionPushWithDirection:CCTransitionDirectionUp duration:1.0f]];



posted by ねこまんま at 17:33
Comment(0) | TrackBack(0) | cocos2d

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。