2014年08月17日

cocos2d-xでの配列

ここれへんはcocos2d-xの文法か、それともC++の文法かを見極める必要はあるのだけども当面はひとまず無視して進めていく。多分C++の文法。

配列は添数を付けて配列を定義する。定義時点ではよくわからない値が入っている。

float hoge[2];
CCLOG("%fログを出力1",hoge[1]);//0.000000ログを出力1


int hoge[2];
CCLOG("%dログを出力1",hoge[1]);//34869956ログを出力1


後から入れたり、まとめて入れたりすることで内容を定義できる。

float hoge[2];
CCLOG("%fログを出力1",hoge[1]);//1.200000ログを出力1
hoge[1] = 1.2;
CCLOG("%fログを出力2",hoge[1]);//1.200000ログを出力2
int points[3] = {123,234,345};
CCLOG("%dログを出力3",points[2]);//345ログを出力3
points[2] = 456;
CCLOG("%dログを出力4",points[2]);//456ログを出力4


あとvectorという可変長の配列も利用できる。

std::vector fuga;
fuga.push_back(123);
fuga.push_back(234);
CCLOG("size: %lu",fuga.size());
posted by ねこまんま at 17:31
Comment(0) | TrackBack(0) | cocos2d