2015年07月24日

cocos2dのイベント設定

cocos2d-x v3.2でタップを制御のやり方より以下の方がメソッドが独立していて書きやすい。

HelloWorldScene.h内でイベントを設定

public:
(中略)
void onTap(cocos2d::Ref* sender,cocos2d::extension::Control::EventType controlEvent);
(中略)
};


ControlButtonを利用して作成したボタンにイベントを設定する場合にはHelloWorldScene.cpp内で以下のように設定(TOUCH_UP_INSIDEを設定)

auto button = ControlButton::create(Scale9Sprite::create("button.png"));
button -> setAdjustBackgroundImage(false);
button -> setPosition(BUTTON_POS_X,BUTTON_POS_Y);
button -> setTitleForState("Start", Control::State::NORMAL);
button -> addTargetWithActionForControlEvents(this, cccontrol_selector(HelloWorld::onTap), Control::EventType::TOUCH_UP_INSIDE);


以下のようにメソッドを作成すればボタンタップのタイミングでログが出力される。

void HelloWorld::onTap(cocos2d::Ref* sender,cocos2d::extension::Control::EventType controlEvent)
{
log("HelloWorld::onTap()");
}
posted by ねこまんま at 14:44
Comment(0) | TrackBack(0) | cocos2d

2015年07月23日

cocos2d-x 3でControlButtonを利用

cocos2d-x 3でControlButtonをするには以下を追加します

HelloWorldScene.hではcocos2d.hの下でControlButtonが定義されたextensions/cocos-ext.hを読み込みます

#include "cocos2d.h"
#include "extensions/cocos-ext.h"


HelloWorldScene.cppではまずUSING_NS_CCの下あたりでネームスペースを有効にします

USING_NS_CC;
USING_NS_CC_EXT;


そうするとControlButtonクラスが利用可能になります。

auto button = ControlButton::create(Scale9Sprite::create("button.png"));
button->setAdjustBackgroundImage(false);


posted by ねこまんま at 20:30
Comment(0) | TrackBack(0) | cocos2d

2015年07月14日

2ファイルのdiffを取って差分をファイルで出力する

いかのコマンドで2ファイルのdiffを取って差分をファイルで出力する

diff -u new.txt old.txt > diff.txt
posted by ねこまんま at 13:25
Comment(0) | TrackBack(0) | サーバ