2015年11月03日

Photoshopのスマートオブジェクト

Photoshopの知識も少しづつつけないとということで今日覚えたPhotoshopのスマートオブジェクトについてメモ。スマートオブジェクト変わらない性質を持ったオブジェクトを作成できる機能。

たとえば写真などを配置し拡大縮小を繰り返すと画像が劣化していくが、一度スマートオブジェクトに変換しておくとその時の状態が保存され、拡大縮小を繰り返しても劣化しない。

また、おなじ性質を持ったオブジェクトを複製できる。

図解していく

20151103_01.png

まず、以下の様な矩形と多角形を配置、これらをグループ化する。

20151103_02.png

レイヤーメニューを右クリックしてスマートオブジェクト化。

20151103_03.png

さらにレイヤーを複製する

20151103_04.png

レイヤーパレットのスマートオブジェクトアイコンをダブルクリックしてスマートオブジェクと変更画面に移動。

20151103_05.png

すこで色を変更すると

20151103_06.png

先ほど複製したオブジェクトにも変更が反映されています。

例えばヘッダーだけスマートオブジェクト化(別ファイルにもできる)しておき各ページのPSDで読み込むなんてことができる。

関連エントリー

Illustratorで画象を書き出す際の注意
Illustratorで画象を書き出す
posted by ねこまんま at 17:31
Comment(0) | TrackBack(0) | Photoshop
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック