2007年10月31日

yumを使ったpatchやコンパイラのインストール

VPSに悩まれ続けて現行のバージョンだと25ポート以外でsmtpを使用できない事実にいたる。(2日かけて orz)

まぁ、その過程で覚えたこととか・・・patchがインストールされているか確認

whitch patch


patchがインストールされていない場合は以下でインストール
まず、yumのインストール

rpmをここからとってきて展開

cd /usr/local/src
rpm -ihv /var/www/vhosts/hoge.net/rpm/python-elementtree-1.2.6-5.el4.centos.i386.rpm
rpm -ihv /var/www/vhosts/hoge.net/rpm/sqlite-3.3.6-2.i386.rpm
rpm -ihv /var/www/vhosts/hoge.net/rpm/sqlite-devel-3.3.6-2.i386.rpm
rpm -ihv /var/www/vhosts/hoge.net/rpm/python-sqlite-1.1.7-1.2.1.i386.rpm
rpm -ihv /var/www/vhosts/hoge.net/rpm/python-urlgrabber-2.9.8-2.noarch.rpm
rpm --import http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-4
rpm -ihv /var/www/vhosts/hoge.net/rpm/yum-2.4.3-3.el4.centos.noarch.rpm


glibcを削除

yum remove glibc-dummy-centos-4.i386


yumのアップデート

yum update


patchのインストール

yum install patch


コンパイラのインストールはこんな感じ

yum install gcc* compat-gcc* compat-glibc* compat-lib*
posted by ねこまんま at 03:25
Comment(0) | TrackBack(0) | サーバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック