2017年07月07日

VS Codeでターミナルを立ち上げるショートカット

内蔵されている統合ターミナルを立ち上げるのは以下のコマンドで立ち上がります

ctrl + shift + @


Terminal.appを起動させたい場合は以下のコマンドで立ち上がります

⌘ + shift + c

posted by ねこまんま at 10:32
Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2016年10月12日

zsh

bashからzshに切り替えて行くメモ

まずはiTerm2をインストール。

現在のSHELLを表示。(#/bin/bashと表示されればbash)

echo $SHELL


現在利用できるSHELLの一覧を表示。/bin/zshがあればzshが利用できる

cat /etc/shells


zshを起動、$が%にかわる。

zsh


eixtでもとに戻る(%から$にかわる)

exit


起動のたびにzshと入力するのは面倒なのでログインシェルをzshに変更する。chshで変更できます。-sオプションで変更するシェルを指定。

chsh -s /bin/zsh


参考
zshを使用してみよう! - Septeni Engineer's Blog
posted by ねこまんま at 12:07
Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2015年11月10日

Atomでファイルの言語を変更する

最近Sublime Text2からAtomへの移行をちょっとづつ計画している。

Sublime Text2では⌘+Shift+Pの後にJavaScrpitなどと打つと簡単にファイルの言語を変更できたのだけど、Atomでは、⌘+Shift+Pの後にgなどを入力して「Grammar Selector: Show」を選択してからJavaScrpitなどを入力してファイルの言語を変更する必要がある。
posted by ねこまんま at 12:11
Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2015年09月01日

忘れがちなSublime Text 2のショートカット

Ctrl+w で選択した要素をラップする要素を追記できる(*で行ごと)
Cmd+u で Cmd+dの取り消し
Cmd+f で検索後にEnterで次を検索、shift+Enterで前を検索
Ctrl+Shift+t で現在カーソルがあるタグの終了タグに移動
posted by ねこまんま at 07:11
Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2014年07月04日

Terminalで入力履歴を検索する方法

Terminalで入力履歴を検索する方法。

「Ctrl+r」で入力画面がでるので何か入力するとその内容を含んだ入力履歴が表示される。

複数ある場合は再び「Ctrl+r」を入力するとその前に入力したやつにさかのぼれる。

行き過ぎた場合は「Ctrl+s」で戻れる。

参考 : bashの履歴を検索するコマンドが捗りすぎてヤバい!俺の作業効率が2倍どころか更に倍してドンッ! - でーじてとこん
posted by ねこまんま at 14:41
Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2014年02月17日

ターミナルコマンド一覧

ターミナルコマンド一覧

「Ctrl」+「a」 行頭に移動
「Ctrl」+「e」 行末に移動
「Ctrl」+「u」 カーソル位置から行頭までを削除
「Ctrl」+「k」 カーソル位置から行末までを削除
「Ctrl」+「w」 カーソル位置の前の単語を削除
「Ctrl」+「r」 コマンド履歴からインクリメンタル検索

これだけ覚えれば入力がだいぶ楽になる
posted by ねこまんま at 01:13
Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2014年01月30日

InDesignで段落の終わりを強制改行に変更

InDesignでソースコードなどを貼り付けた際に改行が段落の終わりと認識されて修正するのが面倒。

単純にソースコードを選択してCommand + Fを押して検索と置換えウィンドウを出し、検索文字列に「^p」置き換え文字列に「^n」と入力してすべてを置き換えを押せば良いです。
posted by ねこまんま at 17:52
Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2013年10月02日

Sublime Text2でグレップ置換後に開いているファイルを全保存

Sublime Text2では「Command」+「Shift」+「f」でディレクトリを指定してグレップ置換ができます。しかし、置換後のファイルは保存されずSublime Text2上に表示されますが数が多いと保存がめんどくさい。

その場合、「Command」+「Option」+「s」で現在開いているファイルを全保存することがあります。
posted by ねこまんま at 03:08
Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2013年06月01日

ターミナルの基本操作

・操作方法

入力途中に「Ctrl」+「a」で行頭に「Ctrl」+「e」で行末に移動
「Ctrl」+「u」で選択位置から前の部分を削除
「Ctrl」+「k」で選択位置から後ろの部分を削除
「Ctrl」+「w」カーソル左側の次のスペース手前まで削除する
まちがって削除したら
「Ctrl」+「y」で削除した内容をペーストできる

「Option」+「f」で1単語右へ移動
「Option」+「b」で1単語左へ移動

Optionキーは環境設定の設定→キーボードでメタキーとしてoptionにチェックを入れておく必要がある。

・コマンド

pwd


で、現在のパスが表示される

ls


で、現在のディレクトリの内容が表示される。

.(ドット)付きファイルなどは表示されないが、aオプションを指定すると表示される

ls -a


所有権など詳細情報も表示したい場合はlオプションを指定する

ls -l


特定のディレクトリに移動したい場合はcdコマンドで移動したいディレクトリのパスを指定する。パスの入力中にtabキーを押すとパスを自動で保管してくれる。補完候補が複数ある場合はtabキーを2回押すと補完候補が表示されるので補完候補が絞り込めるまで入力してからtabキーを押す

cd [パス]


ファイルが何処にあるかわからない場合は、findコマンドで検索を行う。

find [ファイル名に含まれる文字列]
posted by ねこまんま at 13:45
Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

2013年05月28日

Homebrewをインストール

MacにパッケージコントローラーのHomebrewをインストールした。

ターミナルからHomebrewのサイトの一番下にあるコマンドを入力するだけ。

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go)"


インストールしたら以下のコマンドでインストールしたHomebrewのバージョンが確認できます。

brew -v
posted by ねこまんま at 23:45
Comment(0) | TrackBack(0) | ツール

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。